【愛知】 古賀伸彦 コーチ兼クラブ代表

古賀 伸彦

裸足ランニングクラブ愛知 代表

略歴

1966年12月生まれ

腹周りと足腰の弱体化に危機感を覚え、ランニングを始める。
2010年に「Born to run」を読んで衝撃を受け、その影響でベアフット系ランニングシューズである「Vibram FiveFingers」でランニングをするようになり、ベアフットランニングに目覚める。

2012年の第1回飯能ベアフットマラソンに出場。そこで日本ベアフットランニング協会の吉野代表と出会う。

また、ワラーチの制作及びワラーチでのランニングも行っており、愛知にて2015年から「作る・走る・脱ぐ」ルーチンのワラーチ作りのワークショップを開催している。

2016年秋より裸足ランニングクラブ愛知を発足、現在に至る。

「一方的な教え、教えられる関係ではなく同じ想いのメンバーが集まる楽しい場を作りたい」という信念のもと、裸足ランニングクラブ愛知の代表を務めている。

大会出場歴

2012年5月 飯能ベアフットマラソン 裸足にて出走
2015年11月 愛知池ハーフマラソン 裸足にて出走、記録:1時間38分
2016年7月 おんたけウルトラトレイル100k ワラーチにて出走、記録:13時間32分
2016年11月 福知山マラソン 裸足にて出走、記録:3時間50分

PAGETOP
Copyright © 日本ベアフット・ランニング協会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.